2011年11月02日

照明について

センプラス(SEN+)では照明計画は基本的に
建築家さんからの提案になるのですが、
もちろん希望をお伝えすることもできます。

私も基本となる考え方をいろんな本から学びました。
概要が分かりやすいのはこの本です。

頭がよくなる照明術 (PHP新書)

中古価格
¥113から
(2011/11/2 11:10時点)



その中で、光と人の気持ちについて
軽くまとめるとこんな感じです。

人間はやはり太陽とともに生きてきた動物
でもありますから、夕陽のように
オレンジ色の光が横から当たると
リラックスしてゆっくりでき、
夕日.jpg
真昼の太陽のように
白い光が真上から当たると
バリバリ活動したくなるというのです。
昼間の太陽.jpg

確かに会社の光は上から白い蛍光灯ですし、
会社の照明.jpg
リラックスできるバーなどは
電球やランプのようなオレンジの光が
横や低い位置から照らしてますね。
バーの照明.jpg

光と人の気持ちの関係がわかったところで、
住宅の照明について見てみると、
昭和の家は一部屋に一つ、
天井に白い蛍光灯がついていることが多かったですね。
夜もバリバリ働けそうな感じで高度経済成長期には
時代の雰囲気とマッチしていたのでしょう。
ただ自分の家はやはり
ほっこり落ち着ける方がいいと思っています。

というわけで我が家では基本的に
電球のようなオレンジ色の光を中心に使います。

天井に一つというわけではなく
壁を照らす間接照明など複数の光を
うまく使いたいと考えています。
壁を照らす.jpg
(写真の光は黄色ですが壁を照らすイメージということで)

ただし電球自体もう生産されていませんし
電気代もかかるので電球色の蛍光灯をメインに
使う予定です。

今話題のLEDは各社開発が激しいですが
交換不可のものがあったり
(寿命は確かに長いけど交換不可とはほとんど書いてないのはどうかと思います)
まだ仕様が安定していないので
もう少し待つのが得策のような気がしています。



posted by センプラスファン at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 照明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。