2011年11月01日

エアコンのいらない家

東日本大震災や夏の節電などもあり
やはりできればエアコンに頼らない家にしたいなぁ
と思っていました。

たまたま本屋で
『エアコンのいらない家』
というタイトルの本があったので
思わず衝動買いしてしましました。
八月初めの頃だったと思います。

ざっと内容をご紹介すると
エアコンを使わない快適な家にするため
夏は通風で涼しく、冬は太陽の熱で暖かく
を目指しましょう、という本です。

エアコンのいらない家

新品価格
¥1,470から
(2011/11/1 17:09時点)



風通しのいい家にするために
風の入り口の窓と出口の窓をセットで考え、
温かい空気は上昇するので入り口の窓は低い位置、
風の出口の窓は高い位置にあるのが望ましいこと。

冬は太陽の熱を利用するのですが、
夏は必要ないので
高度の高い夏の太陽は遮れるように
庇の出、窓の位置や形などを工夫し
必要なら夏は日よけを使う、

とこんな感じでしょうか。

以上のように基本的には皆さんも
よく知っている話だと思います。

さらに日本では夏は南風(南から吹いてくる風)、
冬は北風(北から吹いてくる風)なので
通風のために夏の風を入れるなら
家の南側を空けましょう、と続きます。
(冬の太陽の光を入れる意味もあります。)

これも冬の北風は有名なのでご存知の方も多いと思いますが、
ここで一つだけ役に立つことがありました。
『地域の風向きは気象庁のホームページで』
という一文があったので
何気なく京都市の風向きを調べてみたのです。

結果は...おお!
なんと年間を通してほぼ北風だったのです!
琵琶湖の所為なのか理由はわかりませんが、
最多風向きがほとんど北なので
うちは南側の一番高いところに風の出口の窓を取りました。

それだけでもこの本を買った価値があったかな(^^)



posted by センプラスファン at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!!
我が家も自宅を建築スタートさせたのですが、こちらの記事含めとっても勉強になる事ばっかりで、とってもためになりました^^
また遊びにこさせていただきますね♪
Posted by ebm*mam at 2012年03月19日 16:12
ebm*mamさん、ありがとうございます。ブログも拝見しました。まさにこれから家づくりですね。高台にあって景色がいいってうらやましいです。お互い楽しんでマイホームを完成させましょう~(^^)v
Posted by at 2012年03月19日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。