2011年11月05日

パッシブハウス

今回の家は冷暖房をできるだけ使わずに
快適に過ごせる家にしたいと思っています。

具体的には夏は窓を開けて風を取り入れて暑さをしのぎ、
冬は太陽の光で部屋を暖めてもらい
出来る限り熱を逃がさないような
断熱性能の高い家にしたいのです。

という訳で、大きな吹き抜けがある家ですが
床暖房は無しでシーリングファンのみ。
東西断面図.jpg
またエアコンも一階和室と二階のリビングに
後から着けられるように電源などを配置
していただくものの、当初はエアコン無し
でやってみるつもりです。

エアコン設置予定図.jpg
(室外機など後からだと収まりが悪くなるので
宮武さんは初めから室外機の位置や配管の予定まで
図面に描いてくださってます。)

最近では家や窓の断熱性能も計算でき、
太陽の光の入り方までシミュレーションできることから
年間冷暖房負荷計算などもできるようで
住む前からある程度予測できるかも知れませんが、
そういう温熱計算までやってくださる工務店さんは
まだまだ少ないような気がします。

今回はうちも、原田工務店さんに温熱計算できるか尋ねてもいません。
窓はもちろん全て複層ガラスでお願いしていて(ジャロジーはダブルジャロジー)
計算結果に関わらずエアコンは無しでスタートするつもりだからです。


posted by センプラスファン at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。