2011年12月04日

地鎮祭2

原田工務店さんや宮武さんから
地鎮祭当日の写真をいただいたので
そのときの様子を少しお伝えします。

神社によって差があるようですが、
記憶を辿るとこんな流れだったと思います。

修跋の儀(しゅうばつのぎ)
土地および参列者の身を浄めるためのお祓いをします。

降神の儀(こうしんのぎ)
神主さんが『おおー』と声を出しながら神様を祭壇にお迎えします。

献饌 (けんせん)
神様にお供え物を差し上げます。

祝詞奏上(のりとそうじょう)
神様に工事の安全を祈る祝詞(のりと)を読み上げていただきます。
地鎮祭1.jpg

そのあと四方祓(しほうはらい)
神職が土地を清めます。
地鎮祭5.jpg

子供が一番喜んだのが地鎮の儀(じちんのぎ)です。
『えい、えい、えい』と声をかけてアクションがあるので(^^)

その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」
設計者の宮武さんに草を刈る仕草をしていただきました。
地鎮祭4.jpg

初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)」
家族5人でさせていただきました。
地鎮祭2.jpg

神職に鎮め物(しずめもの)をおさめていただいてから
初めて土をならず「土均(つちならし)」を
原田工務店のお父様(社長)がかっこよく
『えい、えい、えい』とされました。
地鎮祭3.jpg

そのあと玉串奉奠(たまぐしほうてん)で
玉串を一人一人順番にお納めしました。

そのあと、お供え物をおさげする撤饌(てっせん)や
神様にお帰りいただくための儀式
昇神の儀(しょうじんのぎ)があり、
最後に皆で記念撮影もしていただき無事に終了です。
地鎮祭(宮武さん撮影).jpg
ご近所の挨拶回りは解体のときにしているので
地鎮祭後はしていません。


posted by センプラスファン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。