2012年02月26日

おさまり

『納まり』とか『収まり』と書かれますが
建築関係でもよく使われますよね。
『しっくりくる』とか『安定している』とか
そんな意味でしょうか。
今日はそんな『おさまり』の話です。

よい工務店の見分け方が書いてあるこの本でも

そうか、こうやって木の家を建てるのか。 「200年住宅」と工務店選びの知恵

中古価格
¥936から
(2012/2/26 09:07時点)



いい工務店の見分け方の一つにあげているのが
『施工例の雨樋をみること』です。

必ず必要なものでありながら
なかなか上手く処理するのが難しいためです。
その仕事が美しい工務店さんはきっと
他の部分にもこだわりを持って取り組んでおられるはず。

我が家の場合は設計士さんなので当然
雨樋の美しいおさまりにはこだわっておられます。
軒先の詳細図.jpg
表から雨樋が見えないようにしてあります。
屋根の雨樋.jpg
数万円のコストアップになりましたが
施主としても納得の出費です。
屋根上の作業.jpg

おさまりといえば、2.5階の机の電源配線についても悩み中なのですが...
この机の配線を考えたい.jpg
住宅総合館という住宅関連のポータルサイトで紹介されていた

家づくり手帳

というブログで
『電気配線をとてもうまくおさめておられる』
のを見つけました。

ぜひ参考にしたいと思います。
ちなみにまだ京都住宅総合館というのはないようです。

応援クリック↓お願いします(^^)
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村


posted by センプラスファン at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本体工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。