2011年09月29日

SEN+の仕様 金額的なこと

私が契約したとき(2011年)のSEN+の仕様です。
その後変更などがあるかもしれませんので
詳しくはエスリンクの中村さんに直接お尋ねください。

コースは金額によって3つあります。
1600万円(税込1680万円)コース
    施工床面積 80平方メートルまで 木造2階建
1800万円(税込1890万円)コース
    施工床面積 100平方メートルまで 木造2階建
1990万円(税込2089.5万円)コース
    施工床面積 115平方メートルまで 木造2階建

ここでいう床面積は本当の床面積ではなく
吹抜けや(0.8倍計算)、
ポーチやバルコニー、ロフト等(0.5倍計算)
も計算するので注意です。

各コースの金額は建築本体工事の金額のみで、
外構工事や地盤改良工事、
カーテン工事等は別途料金が必要です。

ただし、建築家のデザイン料は含まれており
(これがありがたいですね)
さらに構造計算料、確認申請手数料、
中間検査料、完了検査料も全て含まれています。

基本は木造2階建となっていますが、
3階建は5%アップで、
平屋は10%アップで可能なようです。
(平屋の方が屋根が広くなるから高額なんですね。)

形状は基本はシンプルな長方形(角が4つ)で
建物の基本ピッチは455mm。
(私の家もシンプルですが角が6つなので2つ多くなっています。
出隅入隅割増は1カ所当り5万円でした。)
下屋がある場合は1平方メートル当り3万円の追加料金が発生。
スキップフロアは別途追加費用算出とのこと。

構造計算料も含まれているのですが
これは必ず構造計算をして建築基準法の規定の
1.25倍(耐震等級2)以上の耐震強度を標準としているからのようです。


以上が金額的なことです。
それぞれ消費税がかかるので気をつけましょう。


posted by センプラスファン at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | センプラスの仕様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。