2011年10月07日

敷地について

今回家を建てるの敷地は
約17坪と大変狭い土地です。

南北約5.4m 東西約10.6mの長方形で
西側が道路に面しています。
狭いのに抜け道として使われるため、結構車が通ります。

残りの三方は隣家に囲まれていて、京都っぽい狭い感じですね。

建ぺい率は80%で、
容積率は300%(道路斜線があるのでそこまで建てられないですが)
なので、なんとか家は建ちます。

問題は京都市の旧市街地型美観地区で、外観の規制が厳しいこと。
準防火地域でもあるのでガラスが網入りだったりもします。
(結局グレードアップして網なしの防火ガラスになりました。)

という訳で外観はあまり期待していません。

posted by センプラスファン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

間取りについて

うちはスキップフロアを取り入れた
木造二階建てになります。


1階は和室と寝室、トイレ、お風呂、
洗面•脱衣所、サンルーム風の縁側
(今は寝室と繋がっていて、
将来吊りドアがつけられるように
レールだけ設置しておいてもらいます。)
一階平面図.jpg

2階はLDKとロフト収納、
二階平面図.jpg


2.5階は子供スペースと書斎
(というか板一枚の机と壁一面の本棚)
2.5階平面図.jpg

子供スペースは将来下が机になっている
二段ベットのようなヤツ、ロフトベッド机

を三つおけるようにしてあります。
(子供部屋を三つは取れなかったためです。)


内装は無垢のフローリングに白い壁
(今はコストの都合でビニールクロスでスタートの予定。
将来カルシウムペイントとかにしたい)
さらに天井も白にして壁を照らすなど
間接的に光を回したいと思っています。
posted by センプラスファン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

パッシブハウス

今回の家は冷暖房をできるだけ使わずに
快適に過ごせる家にしたいと思っています。

具体的には夏は窓を開けて風を取り入れて暑さをしのぎ、
冬は太陽の光で部屋を暖めてもらい
出来る限り熱を逃がさないような
断熱性能の高い家にしたいのです。

という訳で、大きな吹き抜けがある家ですが
床暖房は無しでシーリングファンのみ。
東西断面図.jpg
またエアコンも一階和室と二階のリビングに
後から着けられるように電源などを配置
していただくものの、当初はエアコン無し
でやってみるつもりです。

エアコン設置予定図.jpg
(室外機など後からだと収まりが悪くなるので
宮武さんは初めから室外機の位置や配管の予定まで
図面に描いてくださってます。)

最近では家や窓の断熱性能も計算でき、
太陽の光の入り方までシミュレーションできることから
年間冷暖房負荷計算などもできるようで
住む前からある程度予測できるかも知れませんが、
そういう温熱計算までやってくださる工務店さんは
まだまだ少ないような気がします。

今回はうちも、原田工務店さんに温熱計算できるか尋ねてもいません。
窓はもちろん全て複層ガラスでお願いしていて(ジャロジーはダブルジャロジー)
計算結果に関わらずエアコンは無しでスタートするつもりだからです。
posted by センプラスファン at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

間取りの考え方1

自分の家を自由に作りなさい、と言われると
自由がありすぎて困る人もいるかも知れませんね。

私達にはコストという大きな制約があり
手に入れた土地が約17坪、建物自体も
税込み一千万円台に抑えたいという状態です。

面積が狭い上に隣家が迫った住宅密集地で
夫婦と子供三人、合計五人が気持ちよく暮らす家は
建てられるのでしょうか?




理想の間取りは家族によって全く違うと思います。
自分達の現在と未来の生活の仕方をよく想像して
使いやすい間取りにできればいいですね。

私達はまず必要な部屋の種類と使い方、
おおよその大きさをノートに書き出してみました。

次回は私達の希望とその実現のされ方を書いてみたいと思います。

posted by センプラスファン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

間取りの考え方2

私達に必要な部屋の種類と使い方などをまとめていたものを
書いてみます。実際に設計の宮武さんにもお伝えして
プランをつくっていただきました。
今回のプランでどう実現される予定かの図も添付してみます。

リビング・ダイニング8〜12畳
食べる、くつろぐ、テレビをみるなど。
テーブルと椅子より掘りごたつや座式の方が好き
坪庭でもいいので緑が見えると嬉しい。

キッチン3畳
食事をつくる、配膳
カウンターをつくることができたら便利
(食材などをストックできるパントリーまでは無理か?)
2階LDK.jpg
(図では折りたたみのカウンターが描かれていますが
今のところ実際には設置しない予定です。)

小上がりの和室4.5〜6畳
(下は収納にしたい)
普段は戸を開け放して子供の遊び場
(LD横につくれれば茶の間など)として
来客時は戸を閉めて寝られるようにする。
1階和室.jpg
(普通の和室になったので小上がりは無しです。)

夫婦の寝室(和室)6畳+押入れ
天井は低くてもよい。
布団で寝る。今は子供達も一緒にゴロ寝。
布団等を入れる押入れ(天袋はつくらない)がほしい。
1階寝室.jpg
(予定より小さくなったのとセンプラスでは標準で和室が一つ
ということで洋室になっています。)

子供部屋12畳
後で仕切れるようにしたいが今は1部屋でよい。
子供が寝る、子供の物を収納する。
勉強はコモンスペースやライブラリーで。
2.5階子供スペース.jpg
(予定より小さくなったので将来ロフトベッドを
ぎりぎり三つ置けるようにしています。
初めは親子共通の寝室で、子供の遊び場になる予定。)

ライブラリー3〜4.5畳くらい
(無理なら壁面に本を収納できればよい)
本棚と机 2〜3人が勉強できる。
パソコンと周辺機器もここ。
壁面本棚(東西断面図).jpg

吹き抜けが欲しい。そこにコモンスペースをつくりたい。
横長の板を机のようにしてそこに椅子を3つくらい置けるように。
読書や勉強用。上下が見えて気配が伝わるようにしたい。
2.5階机と壁面本棚.jpg

情報コーナーが欲しい 0.5〜1畳
郵便物、学校等の連絡物の管理、
電話(FAX)の親機を置く。手紙や家計簿なども。
(今回のプランでは入っていません。キッチンの一部につくるつもりです。)

玄関入ってすぐに1畳くらいの収納室
雨具、玄関の掃除道具を入れておく

玄関近くにウオークインクローゼット2〜3畳
外着から部屋着に着替える、コートや制服などもここ
(着替えた物は脱衣カゴに入れて洗濯機のところまで持っていけるようにする)
玄関とWIC.jpg

洗面、脱衣所2畳くらい
洗濯機もここ。床下収納があれば便利。

浴室 2畳くらい
坪庭でもいいので緑が少しでも見られたら嬉しい。

トイレ1畳
できればコンパクトな手洗い器もいれたい
ペーパーや洗剤などの収納も。
1階浴室・洗面・トイレ.jpg

と長くなりましたがおおよそこんな感じです。

設計の宮武さんのおかげで
私達の願いをほぼ100%かなえていただける
素敵な間取りになったと喜んでいます。
posted by センプラスファン at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。